先物・オプション取引

トレジャーネットでの先物(ミニ日経、日経225)取引・オプション(日経225)取引についてご説明をします。

\\スッキリ分かる//トレジャーネットセミナー

先物取引編はこちら

オプション取引編はこちら

取引について

先物取引は、少額の資金で大きな金額の取引が可能となるレバレッジ効果の高い取引です。トレジャーネットでは、・日経225先物・ミニ日経(日経225mini)取引 ・日経225オプション取引の2サービスをご提供しております。

日経225先物・ミニ日経(日経225mini)取引

日経225先物取引とは、あらかじめ定められた一定の期日(限月)内に、日経平均を、当初に取り決めた約定価格で取引することを契約する取引です。
※期限の決まっている「日経平均という株」(日経225先物は10円刻み、ミニ日経は5円刻みで変動します)を、信用取引で売買しているような取引ともいえます。

トレジャーネットでは、日経平均(日経225)を対象とした先物取引をご提供しております。先物取引は、少額の資金で大きな金額の取引が可能となるレバレッジ効果の高い取引です。
※ミニ日経なら、日経225先物の1/10(1枚当たり)の資金でお取引が可能となっております。

日経平均株価が上昇すると予想される場合

買建てを行うことになります。
予想どおり上昇すれば、買建玉を売り決済(転売)することで利益を得ることが出来ます。
反対に下降した場合は、損失が発生しますのでご注意下さい。

取引例
@日経225先物を13,100円で1枚売建てた場合
13,100円×1,000×1枚
=13,100,000円(売約定金額)

↑ミニ日経なら100になります

A13,100円で売建玉したものを13,000円で買返済(転売)
13,000円×1,000×1枚
=13,000,000円(買約定金額)
B13,000円で建玉したものを13,100円で反対売買したときの売却益
(13,100-13,000)円×1,000×1枚
=100,000円(利益)
@売→A買→B利益→10万円

取引金額:1,310万円
証拠金:66万円(平成20年3月24日現在)
レバレッジ:約19.8倍

利益率=10万円÷66万円×100
=約+15.1% 
利益:10万円

@ミニ日経を12,800円で1枚売建てた場合
12,800円×100×1枚
=1,280,000円(売約定金額)

↑日経225なら1,000になります

A12,800で売建玉したものを13,000円で買返済
13,000円×1,000×1枚
=13,100,000円(買約定金額)
B12,800で売建玉したものを13,000円で買返済したときの売却損
(12,800-13,000)円×100×1枚
=-20,000円(損失)
@売→A買→B損失→2万円

取引金額:130万円
証拠金:6.6万円(平成20年3月24日現在)
レバレッジ:約19.6倍

損失率=2万円÷6.6万円×100
=約−30.3% 
損失:2万円

限月取引について

日経225先物取引は、3月、6月、9月、12月(それぞれを限月といいます)の第二金曜日の前日を期日(取引最終日)とする先物が、常時5種類(一つの限月の先物が満期になると新しい先物が上場されます)、大阪証券取引所に上場されています。
※ミニ日経の場合は、3月、6月、9月、12月のうち最も近い2限月のものだけが取引可能です。

信用取引と先物取引は似ていますが、先物取引ではそれぞれの「先物」毎に満期日が設定されていること、また期日までに決済(反対売買)を行わないと満期日にSQ値で清算されることが大きく異なりますのでご注意下さい。

先物・OP取引に係る税金の取扱いについて

課税方法 雑所得として申告分離課税 ※確定申告が必要です
税率 売買益に対し20%(所得税15% 住民税5%)
損益通算 商品先物取引、債券先物取引等の売買損益と通算ができます
損失の繰越 平成16年1月1日以後は、決済により生じた損失額の内その年で控除しきれない分を、翌年以降3年間に繰り越して「先物取引等に係る差金等決済の所得」から差し引くことができます
※その他の注意事項
  1. 株式等の譲渡損益とは損益通算ができません。
  2. 特定口座でのお取扱いはできません(特定口座の「年間取引報告書」には記載されません)。
  3. 確定申告が必要です。ただし、別途お取引の内容等をまとめて記載した報告書等は発行されませんので、お手数ですがお取引の都度電子交付される「取引報告書」等をご利用下さい。

日経225先物・ミニ日経(日経225mini)取引についてもっと詳しく知りたい!

日経225オプション取引

日経225オプション取引とは、あらかじめ定められた期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で日経平均を買い付ける権利(コールオプション)、または売り付ける権利(プットオプション)を売買する取引のことです。
オプション取引の買い手は、権利を得るためにプレミアムと呼ばれるオプション料(通常の株価のようなもの)を売り手に支払い、売り手はオプション料を受け取ります。

オプション取引の決済は、満期日までに、反対売買(転売または買戻し)によって決済することが出来ます。また、オプション取引の特徴として、オプションの買い手は権利行使(コールオプションの場合は実際の225銘柄全ての買付代金、プットオプションの場合は225銘柄全ての株券が必要です)によって決済することも可能です。
※日経225オプションは、満期日にしか権利行使が出来ないヨーロピアンタイプオプションです。

オプション取引は、先物取引と同様にレバレッジ効果の高い取引です。また、売りからもお取引が可能なこと、信用取引のような金利や諸経費がかからないこと等、先物取引と同様の特徴を持っています。

限月取引について

日経225オプション取引は、3月、6月、9月、12月(それぞれを限月といいます)の第二金曜日の前日を期日(取引最終日)とする直近5限月のオプションと、これらの月以外の直近3ヵ月の合計8限月のものが大阪証券取引所に上場されています。

限月ごとの権利行使価格は、10,000円未満の場合は250円刻み、10,000円以上の場合は500円刻みとなります。

オプション取引の種類
1.コールの買い
日経平均を権利行使価格で買う権利を買います。日経平均が期日までに権利行使価格プレミアムの価格より上昇すれば利益になります。
2.コールの売り
コールの買いの逆で、日経平均が上がれば上がるほど損失が膨らんでいく取引です。オプションを売った時点でプレミアムを受け取り、日経平均が下落して買い手が権利放棄をすれば、当初受け取ったプレミアムが利益になります。
3.プットの買い
日経平均を権利行使価格で売る権利を買います。オプションを買う時にプレミアムを支払っているので、プレミアム分以上に日経平均が下がれば利益になります。
4.プットの売り
プットの買いの逆で、日経平均が下がれば下がるほど損失が膨らんでいく取引です。オプションを売った時点でプレミアムを受け取り、日経平均が上昇して買い手が権利放棄をすれば、当初受け取ったプレミアムが利益になります。

日経225オプション取引は、日経平均株価が将来的にどのような値動きをした場合でも利益を得るチャンスがある取引です。ただし、オプションの売り手は、予想に反した場合損失が無限に拡大する可能性がありますので、十分にご注意下さい。

先物・OP取引に係る税金の取扱いについて

課税方法 雑所得として申告分離課税 ※確定申告が必要です
税率 売買益に対し20%(所得税15% 住民税5%)
損益通算 商品先物取引、債券先物取引等の売買損益と通算ができます
損失の繰越 平成16年1月1日以後は、決済により生じた損失額の内その年で控除しきれない分を、翌年以降3年間に繰り越して「先物取引等に係る差金等決済の所得」から差し引くことができます
※その他の注意事項
  1. 株式等の譲渡損益とは損益通算ができません。
  2. 特定口座でのお取扱いはできません(特定口座の「年間取引報告書」には記載されません)。
  3. 確定申告が必要です。ただし、別途お取引の内容等をまとめて記載した報告書等は発行されませんので、お手数ですがお取引の都度電子交付される「取引報告書」等をご利用下さい。

日経225オプション取引についてもっと詳しく知りたい!

口座開設

トレジャーネットでの口座開設費用・管理料は無料です。

トレジャーネットの魅力トレジャーネットの魅力

口座開設のご案内
お問い合わせ
フリーダイヤル0120-972-408

受付時間
8:30-17:00(平日)

IP電話などでフリーダイヤルをお使になれない場合は下記へ

IP電話048-643-8367
ページの先頭へ