むさし証券 トレジャーネット

むさし証券の現物取引手数料は業界トップクラスの低さ

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3

コストを削減したい方に選ばれています。

株式手数料が最安水準

主要ネット証券の大口優遇金利よりも割安な信用金利。
トレジャーネットで信用取引をご利用のお客様はだれでも。

1注文の約定代金50万円で比較すると...

信用取引は手数料よりも金利の方が重要

信用取引は手数料よりも金利の方が重要

比較するとわかるトレジャーネットの圧倒的金利メリット

500万円で新規・返済手数料と金利の経過日数に伴う比較をすると・・・

4日目から金利メリットでコストが逆転30日目では手数料の差を超える5,300円の差60日目には1万円以上の差180日ではナント35,108円ものコスト差が生じます

差額35,108円

お申込みは最短5分で完了!年間で約7万円のコスト削減ができるかも。信用取引の利用には別途審査がございます。

選ばれる信用金利1.35%

パソコン・タブレット・スマートフォンのいずれからも
リアルタイムな情報と多彩なチャート機能。
アプリのダウンロード不要で安心してお使いいただけます。

いつでも、どこでも、好きな時に
無料で最新情報をチェックできます。

株式手数料も最安水準

事実、むさし証券はこんなに違う。

事実、むさし証券はこんなに違う。

1注文の約定代金に対する現物株式手数料(税抜き)

平成28年11月21日より少額手数料最大65%引き下げました。

今すぐ始める!

このページからお申込みいただくと、誰でも手数料75円〜取引をはじめられます。

リスク及び手数料について
トレジャーネットでの取引は、取引対象である商品の価格の変動により損失が生ずることがあります。又、取引金額がお客様が預託している金額に比べ大きい場合、取引の結果発生する損失額がお客様が預託している金額を上回ることがあります。
取引システム若しくは取引所、当社およびお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消等が行えない可能性があります。
お取引に際して、必ずお取引商品に係る契約締結前交付書面、お取引に必要な約諾書、ならびにトレジャーネットの約款・規定等をご確認・ご理解のうえお客様ご自身の判断でお取引を行ってください。
株式、投資信託、先物オプション取引につきましては、金融商品取引法第37条の6の規定の適用はありません。 (クーリング・オフの対象にはなりません。)
ご注文は、原則としてオンライントレードのみで受け付けます。むさし証券本・支店では受け付けておりません。
注文が成立した場合は所定の委託手数料をいただきます。信用取引には売買代金の30%以上(最低30万円)の保証金が必要です。信用取引は手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用管理費、名義書換料がかかることがあります。具体的な金額はむさし証券トレジャーネットホームページでご確認をお願い致します。
信用取引金利は将来の金利変化により変動することがあります。
信用取引口座の開設には所定の審査がございます。

ここからはむさし証券トレジャーネットのサイトです。

当ページ以前に閲覧されたサイトに掲載されている感想や評価はあくまでも作成者自身のものであり、当社がその内容を保証するものではありません。

お取引いただく商品によってリスクに差があります。

最新の情報につきましては、必ず当社サイトにてご確認ください。

閉じる