株式投資・オンライントレードのトレジャーネット。私たちむさし証券はお客様の一生のパートナーとして、豊かな明日に向けた資産形成をサポートして行きたいと考えております。

トレジャーネットは、むさし証券(大正8年創業)のインターネット証券サービスです。

SBI EXE-i

NISA制度に関するQ&A 証券口座・信用取引・先物オプション 各種お申込はこちら トレジャーネットの魅力
  • 総合口座のご案内
  • 株式取引のご案内
  • 信用取引のご案内
  • 先物・OP取引のご案内
  • 投資信託のご案内
  • IPO/POのご案内

各種インフォメーション

手数料・費用 取扱商品・サービス お取引操作ガイド WEBセミナー お取引の注意事項 お申し込み用紙一覧 約款・規定等 会社案内 証券税制について 証券用語集

お客様満足度確認アンケート

ミニ日経はこちら
信用取引はこちら
セキュリティーについて

セキュリティーについて

 

昨今、インターネット上では、不正なウェブサイトや電子メールやアプリ等により、不正なログインや侵入などを行うなどのIT犯罪が見受けられます。
トレジャーネットでは、以下のような対策を行うことでお客様のお取引の安全性を確保いたしております。

  • 1. EV-SSL証明書
    トレジャーネットの発注サイトは、企業の実在性を厳格に認証するEV-SSL証明書を導入しております。サイト上部のURL欄が「緑色」で表示され、右の方に「Musashi Securities Co.,Ltd」と表示されます。

  • 2. ソフトキーボード
    ログインパスワード、出金や発注確認に必要な執行パスワードご入力の際に「ソフトキーボード」のご利用ができます。キーボードでの入力に比べ入力情報の特定が難しくセキュリティレベルが高くなっております。

  • 3. パスワード
    ログインパスワードは英数混在の6桁以上で最大20桁までの設定が可能です。 出金や発注確認に必要な執行パスワードは4桁以上の英数で最大20桁までの設定が可能です。

  • 4. 自動ログアウト
    トレジャーネットではログイン後、最後のご操作から30分を経過すると、自動的にログアウトします。ログイン状態のまま端末から離れてしまった場合などに、不正操作をされるリスクを軽減いたします。



通信回線を流れるデータ等、お客様の個人情報の保護
 


トレジャーネットにおける、お客様とむさし証券間とのデータの受け渡しは、128bitSSL(Secure Sockets Layer)プロトコルによって高度に暗号化されております。トレジャーネットでは、お客様の個人情報が表示される画面のデータを全てSSLプロトコルにより暗号化することで、データの「盗聴」や「なりすまし」、「改ざん」、「否認」等の様々なセキュリティ障害を防止できるよう努めております。また、パスワード等の入力を9回以上間違えると、ご利用を自動的に停止いたします。

※SSL(Secure Sockets Layer)とは

米Netscape社によって開発された、セキュリティ機能付きのhttpプロトコルです。通信の暗号化と認証を行うことによって、第三者によるデータの盗聴や改ざんを防止します。現在、米Microsoft社のInternet Explore等のブラウザに実装されています。




万が一の事故や障害発生時に、その影響を最小限に抑え迅速に復旧させるコンティンジェンシープラン
 


堅牢なシステム構築で定評のある日本電子計算株式会社のシステムを採用するとともに、同社との親密な連携により、万が一の事故や障害発生時に対する十分な体制維持に努めております。

 ページの先頭へ

| サイトポリシー| プライバシーポリシーセキュリティ最良執行方針勧誘方針顧客資産の保全パソコン環境についてポップアップブロック解除方法