特徴1 手数料が安い!
300万円の株式手数料比較
300万円の株式手数料比較
2013年12月5日現在 各社ホームページよりトレジャーネット調べ 各社の1注文ごとの標準プランで比較。松井証券は1日約定代金合計。詳細は各社ホームページにてご確認ください。
2つのプランから選択でき、どちらのプランにおいても業界最低水準を実現!
2つのプランから選択でき、どちらのプランにおいても業界最低水準を実現!
トレジャースタンダード

1取引の約定金額が50万円以下で 手数料237円
平成26年8月4日より2400万円超の手数料を最大約26%引き下げました。

トレジャーボックス

銘柄数と売買回数に関係なく現物・信用、売・買全ての1日合計約定金額が300万円以下で 手数料1296円

トレジャースタンダード手数料とトレジャーボックス手数料
トレジャーネット口座開設はこちら
特徴2 信用金利が低い!!

信用取引を行なう方にとって手数料と信用金利はコストを計算するにあたって重要な要素です。新規の買建をして当日中に決済をしても1日分の金利は発生しますのでどんなに信用取引の手数料が安くてもトータルのコストで検証する必要があるのです。

最優遇金利比較
最優遇金利比較
優遇金利比較
優遇金利比較
トレジャーネット口座開設はこちら
特徴3 携帯電話でいつでも発注!

携帯電話は、最新のスマートフォンだけでなく、従来型のi-mode、EZweb、softbank3Gでお取引が可能です。
スマートフォンはアプリをダウンロードする必要はありません。シンプルな画面で簡単にお取引が可能です。
約定通知メールサービスや注目している銘柄の目標株価を登録すると株価が到達した時点でメールするサービスも無料でご利用いただけます。携帯電話でも時価を見てお取引いただけます。

トレジャーネット口座開設はこちら

商号等:むさし証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第105号
加入協会:日本証券業協会 (一社)金融先物取引業協会

トレジャーネットホームページを見る

リスク及び手数料について

ここからはむさし証券トレジャーネットのサイトです。

当ページ以前に閲覧されたサイトに掲載されている感想や評価はあくまでも作成者自身のものであり、当社がその内容を保証するものではありません。

お取引いただく商品によってリスクに差があります。

最新の情報につきましては、必ず当社サイトにてご確認ください。

閉じる